会社特色
鍛造部品(SWCH45K)の二次加工です。
「この部品は自動車の自動ドアの起動重要部品です」

特殊治具、特殊バイトが作れる熟練工の方が、高年齢と部品の減少で廃業に追い込まれている。一日中機械に向かい、手を動かして加工する割合には工賃が安いこの仕事は、NC旋盤でプログラムを組み、市販のチップを使用して、部品加工する若者には、どうしても敬遠されがちである。しかし、他社と技術面では変わりが無い為、機械の能力の争いとなり、機械メーカーの思惑に入っていく事になる。

当社は卓上旋盤で蓄えた技術をNC旋盤に活かし、熟練の方でも苦手とされているR加工、テーパ加工、鏡面粗度、極交差。深穴、極小径穴加工等を、NC旋盤を駆使することにより、他社との差別化をはかり、敢えて他社で敬遠されがちな部品に挑戦している。時には売価格以上の工具代、時間が掛かる時もあるが、長い目で見る事にしている。

会社モットー
会社を取り巻く人々に対する感謝の心を忘れぬ事。
会社概要
社名 株式会社 世田谷部品製作所
本社 横浜工場 〒224-0043 神奈川県横浜市都筑区折本町318-9 TEL:045(476)3521(代)
E-mail:setagaya@able.ocn.ne.jp  →地図はこちら
川崎事務所 〒211-044 神奈川県川崎市中原区新城1-5-16-503 TEL/FAX: 044(798)2087
E-mail:setagaya-sachio@tbz.t-com.ne.jp
営業品目 精密機械加工部品、冷間鍛造部品

材質

鉄(S10〜S53C)ステンレス〔310、303、304、316、SUS329JI、416、420J2、430〕ナイモニック80A、インコネル600、チタン、SCM(435、440)アルミ合金、BSBM,ナイロン、ABS、テフロン、アクリル、その他特殊材
設立 昭和59年6月
資本金 1,000万円
代表者 代表取締役 土屋幸雄
事業内容 精密部品の製造販売
従業員 7名
取引銀行 三菱東京UFJ銀行武蔵新城駅前支店 川崎信用金庫仲町台支店